カーシェアリングのメリットと車が無くてもドライブデートに行く方法

大好きでカワイイ彼女を仕事場まで迎えに行こうとしたある日。
なんと、我が家の車が使えないという事態が発生。

そういえば、カーシェアリングてのがあったなーと思い出して早速登録して、無事にお迎えに行けるようになりました。

それからはお出かけデートや連休の旅行にはカーシェアリングで車を借りるという使い方が定番になってます。

そもそも

  • ドライブデートをしたいけど車がない。
  • 車が欲しいけど税金や保険、駐車場代が高くてガマンしてる。
  • ちょっとしか使わないのに車を持ってても無駄になりそう。
  • 車を買うとか、お金離れされてる現代なのに無理ゲー。

これ全部僕の抱えてた問題です。
そんな問題を全部解決してくれたのがカーシェアリング。

今回の記事のテーマは

  • カーシェアリングの仕組み
  • メリット
  • デメリットと解決策
  • オススメする会社

です。

スポンサーリンク

 

カーシェアリングって何?

 

 

カーシェアリングとは1台の車を複数の人達で使うことでコストを減らす方法です。

レンタカーに似ていますが分単位時間単位で借りることが出来る好きなときにネットから手続きが出来るなど、レンタカーに比べると手軽に車を借りられるのが最大の魅力です。

カーシェアリングの仕組み

カーシェアリングは使う前にサービスを提供している会社に登録を行います。
無人入会機・説明会・インターネット・郵便など様々な登録方法が用意されています。

登録後はインターネットやスマホアプリで予約を取る事が出来ます。
予約は分単位で行えます。

予約時間になれば車のあるステーション(駐車場)で会員カード・スマホでドアロックを解錠して備え付けのキーを取り出してそのまま利用開始になります。

返却時間までに元のステーションに車を戻して、キーを備え付けボックスに返した後、会員カードやスマホでドアロックを施錠して利用終了となります。

カーシェアリングのメリット

 

  1. 24時間好きなときに借りることが出来る
  2. 駐車場代・保険代・車検代・税金・ガソリン代などの維持費がかからない
  3. 色々な車に乗れる

24時間好きなとき使える

各社によって異なりますが概ね10分〜5分後の予約が可能になっています。

急に車がいるようなった!

という時でも、予約が空いていれば借りることが出来るのは大きなメリットですよね。

また連休の旅行や休日のドライブには渋滞がつきものです。

レンタカーだと営業所の時間内に返却しなければならないので、夜の9時までに帰らないととなってめっちゃ焦ります。

僕もレンタカーを使ってた時は、めちゃめちゃ焦ってました。
しかも旅行の締めで焦りが出るので、シンドイ思い出の方が印象に残る始末。

カーシェアリングは24時間返却可能なので、あらかじめ長めに借りて深夜返却にすることで焦らずに休日を満喫出来るんです。

カーシェアリングを利用しだしてからは焦ること無く大好きな彼女との旅行やドライブを楽しんでます。

駐車場代などのランニングコストがかからない

マイカーを所有していて馬鹿にならんのがランニングコスト。

日々のガソリン代毎月の駐車場代・保険代、年に1度の自動車税の支払いに車検代は家計を相当圧迫しますよね。

ってかそもそも払えないから車が買えないわけで。

使った分だけ料金が発生するカーシェアリングなら、年間で数万円単位の節約も可能になってきます。

車の購入代金もいらないので、結婚資金を貯めるために節約してるけどドライブや旅行は行きたいというワガママなお願いも叶えてくれます。

色々な車に乗れる

車好きの人は車検の切れる3年に1回乗り換えたりするのは良くある話。

上手な車の買い方とか色々紹介されてますが、購入資金は必要だしローンは支払わなきゃならないので結構な出費をずっと続けることになりますよね。

カーシェアリングなら軽自動車からメルセデスまでたくさんの車種を揃えている会社もあるので、利用料金だけで好きな車に乗ることが出来ます。

マイカー購入の時に試乗するのも手ですが、実際に生活の中で使ってみての感覚を試せるのはカーシェアリングの上手い使い方だと思ってます。

カーシェアリングのデメリット

  1. 返却時間を決めてから借りなきゃいけない
  2. 先に予約されていると使えない
  3. 乗り捨てが出来ない
  4. 禁煙・ペット不可・灯油の運搬不可などルールがある

返却時間を決めてから借りなきゃいけない

予約時に返却時間を決めるという制限があります。

ちょっと買い物の予定で2時間の予約を取ったけど、たまたま友達に会ってお茶したくなった。
すぐに返す予定だったのが渋滞に捕まった。

利用時間の延長も可能ですが、予約状況によっては出来ない事も多々あります。
ちょっと不便な感じですが、そこは使い方次第。

カレコやタイムズは6時間以内なら予約時間より早く返しても、利用した時間分の料金しか発生しないようになってます。

あらかじめ6時間で予約をしておけば、急な予定変更にも対応できるので長めに予約を取るようにすれば大丈夫です。

先に予約をされていると使えない

レンタカーと違って1つのステーションにある台数は1〜5台と少なめです。
連休や週末には予約が埋まってしまって使えない事もしばしば。

予約が埋まっていた時の為に予備の登録をしておけば解決です。
月額料金が2倍になりますが、いざというときの備えはしておきたいですね。

月額料金を抑えたいときは、オリックスの月額料金無料のプランがオススメです。

時間当たりの金額は上がりますが、車が使えないよりは良いかなと。

僕はカレコをメインにしてオリックスは月額無料プランで登録しています。

 

住んでる地域のカレコは新型フリードが使えるのでめっちゃ重宝してます。

新型フリードについてはホンダセンシングレビュー|高速道路での旅行が3倍楽しくなる方法を読んで下さい。 

ホンダセンシングホンダセンシングレビュー|フリードで安全に車を運転する方法

エリアにもよりますが、うちの周りはタイムズが多いのでカレコが使えなかったことはないので、オリックスの出番はまだありません。

乗り捨てが出来ない

引っ越しや荷物の運搬で使うだけなら、乗り捨てが出来た方が後が楽ですよね。

打ち上げでお酒も飲めますし。

カーシェアリングは基本的に借りたステーションに返さなきゃダメなので、乗り捨てできないのはちょっとしたデメリットですが、そこも使い方次第。

引っ越しにはレンタカー、レジャーにはカーシェアリングと使い分けをしていけばマイカーを購入するよりもずっと安く利用できるんです。

禁煙・ペット不可・灯油積載不可などの細かいルール

カーシェアリングはたくさんの人と車を共有しますよね。
当たり前ですが臭いが残ったり、危険物を積んだりするのはダメダメです。

チャイルドシートや個人の荷物の積みっぱなしもNGなんです。

ってか、荷物積みっぱなしって車きちゃなくなるんで理解に苦しみますが、やる人はやるんですよね。燃費も悪くなるのに。

ここらへんはマナーの問題なので、守れないならカーシェアリング使う資格はないので自信がないなら諦めましょう。

サクッと登録できる大手3社リンク(オススメ順)

カレコ

関東エリアがメインですが、大手3社のなかで一番車種が豊富です。

社内には掃除機もついてるので利用後はキレイに出来るし、予約も2ヶ月前から取れるプランがあるのでめちゃめちゃ使いやすいです。

ぶっちゃけもうちょっと頑張ってステーション増やしたらほぼ市場を取れるんじゃないかな?ってくらいサービスが行き届いてます。

詳しくはカレコカーシェアリング|使ってみたらお得すぎてマイカー要らずになったので、徹底的に紹介してみるで書いてます。

カレコフリード【初心者 おすすめカーシェア】にカレコがおすすめな理由

タイムズカーシェアリング

ステーション数最多を誇るのがタイムズ。
なんとその数9000超えです。

基本どこのエリアでもステーションがあるし、場所によってはステーション間の移動が徒歩5分なんてのもあります。

ステーションが多い=台数が多いので非常に借りやすいというのも特徴です。

車種はちょっと少なめですが、タイムズさんがカーシェアリングにめっちゃ力入れてるので使いやすさはピカイチです。

タイムズの借りやすさはタイムズカープラスがカーシェアリングで使いやすい6コの理由で確認してみて下さい。

おすすめカーシェアリング タイムズカープラスが使いやすい6コの理由

オリックスカーシェア

基本月額無料プランが用意されてるのが最大の特徴です。

ステーションの数は1500とタイムズに比べると少なめですが、基本料ゼロ円で使えるのでサブカードとして登録しておけば、いざという時に安心です。

長時間利用に関しては最安値なので、旅行や日帰りドライブの時に使うとかなりお得になってきますよ。

まとめ

 

  1. カーシェアリングは車の費用を大幅に抑えれて家計が大助かり
  2. 車が無くてもドライブデートや旅行にいける
  3. 色んな車に乗れるので、購入前の使用感を体験できる

使い方次第でめっちゃ便利なカーシェアリング

浮いた金額は旅行1回とか、素敵レストランでディナーとか、ちょっと素敵なプレゼントとか使い方色々です.

車と上手く付き合って、人生がちょっと楽しめるようにお金が使えればとっても幸せな事ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA