ホンダセンシングレビュー|フリードで安全に車を運転する方法

ホンダセンシング

こんにちは。
運営者のみきさん(@mikizo2)です。
いつもご来訪いただきありがとうございます。

2018年現在で主要車種に装備されるようになったホンダの安全運転支援システムホンダセンシング

普段の街乗りではそこまで便利でも無いなと思ってましたが、大型連休に高速道路を使って遠出をしてみるとめちゃめちゃ運転が楽でした。

私見ですが、ホンダセンシングの真価は高速道路でこそ発揮されると思います。

今回の記事は初めて安全運転支援システムを使う僕のフリードホンダセンシング搭載車のレビューです。

スポンサーリンク

ホンダホンダセンシングとは?

 

ホンダフリードインパネ

ホンダセンシングはホンダが主要車種にパッケージを用意した安全運転支援システムです。 

Honda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラとコントロールユニットで構成されたシステムです。

2種類のセンサーを組み合わせることで、クルマの前方の状況をより高い精度で認識。衝突などのリスクがある場合は、コントロールユニットを介してブレーキやステアリングを制御し、安心・快適な運転や事故回避を支援します。

引用:ホンダセンシング

ミリ波レーダーは対象となる歩行者物体の位置と速度を検知します。
単眼カメラは歩行者や物体の大きさや形状を識別してくれます。

つまりカメラが大きさと形、レーダーが動く早さと位置を認識してくれると言うことです。

この二つを組み合わせて

  1. 衝突を予測して自動ブレーキをかける
  2. 謝った急加速を抑える
  3. 人に近づきすぎたら避ける
  4. はみ出しそうなとき車線内に戻す
  5. 前の車につかず離れずちょうど良い距離でついていく
  6. 車線の真ん中を走れるようにする
  7. 前の車が進んだことをお知らせする
  8. 道路標識をディスプレイに表示する
  9. 後ろへの急発進を抑える
  10. 自動でハイビームとロービームを切り替える

といった運転支援を行ってくれます。

実際にホンダセンシングを設定したレビュー

今回は片道160kmの高速道路走行があったのでACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKAS(車線維持支援システム)をメインに使用しました。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)の設定と使い方

 

予め設定した車速内でクルマが自動的に加減速。
前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減します。

引用:ホンダセンシング

HONNDAのサイトにあるように、自動アクセルと自動ブレーキを組み合わせて安全運転支援をしてくれるシステムです。

前を走る車の速度と動きを追従するので、アクセルとブレーキだけでなくステアリング操作もアシストしてくれます。

30km/h以上で作動して、前に車がいれば車間距離を維持、いなくなると設定速度まで加速してくれます。

ぶっちゃけスイッチ入れて設定するとアクセルやブレーキ踏まなくても走って止まってくれるって事ですね。

センシングの操作はステアリングに付属するリモコンで行います。

センシング起動

上側のメインスイッチを押すとホンダセンシングが起動し、丸ボタン下のSETで現在の速度でACCがスタートします。

プラスとマイナスで設定速度の変更を行えば前の車に追従して自動で速度を制御してくれます。

ACC作動中にブレーキを踏み込むと解除になり通常のクルーズに戻れます。
アクセルを踏んだ場合は加速しますが、アクセルを離すと設定速度に戻ってACCが再開されます。

前車との距離はリモコン右側のスイッチで5段階で調整することが可能です。

LKAS(車線維持支援システム)の設定と使い方

 

高速道路を走行する際、車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転負荷を軽減します。

引用:ホンダセンシング

車線上の白線を検知して中央を走るようにステアリングをアシストしてくれます。

センシング起動

LKASはセンシングのメインスイッチを押した後、ステアリングリモコン下側のLKASスイッチで作動させます

緩いカーブくらいなら運転者が何もしなくてもオートで曲がってくれる優れものですが、白線が薄かったり分岐で途切れたりすると予想外の挙動を取るので注意が必要です。

ハンドルから一定時間手を離していると警告音が出て、LKASが遮断されますので依存は禁物でしょうね。

ホンダセンシングの評価できる点

完全自動運転ではないですが、センシングのない車に比べると相当な支援を行ってくれます。

完全自動運転については【自動運転レベル5】自動運転支援システムの動向と課題に書いてみましたのでよろしければお読み下さい。

【自動運転レベル5】自動運転支援システムの動向と課題

細かい速度調整や修正舵が減るのでストレスや疲労もかなり少なく運転することが出来ました。

我が家の軽自動車だと高速道路の乗って1時間もすれば心が折れるくらい疲労困憊、現地に着く頃には観光無しで寝転がりたくなりますが、センシングのアシストのお陰で予定していた観光も全てこなすことが出来ました。

何より大好きな彼女とのトークに意識を向けたり、彼女の体調を気遣いながら運転できるようになったのは僕にとっては大きな収穫です。(普段からやってますけど、今まで以上にって事ね)

大好きな彼女の事は【年下彼女との付き合い方】お誘いから告白まで【一回り下の彼女が好きすぎる】をお読み頂いてキュンキュンしてください。

【年下彼女との付き合い方】お誘いから告白まで【一回り下の彼女が好きすぎる】

高速道路って下道に比べると情報処理が単調になるので直ぐに眠気に襲われたりしますが、センシングを作動させていると単調な部分はサポートしてくれます。

結果、運転者がするのは緊急時への備えになるので、余計な仕事が減って大助かりというわけです。

ホンダセンシング事故の可能性

 

ホンダフリードインパネ

便利機能満載なセンシング。
当たり前ですが完璧ではありません。

LKASを使うときの事故を起こさない注意点

LKASの車線維持システムは白線の検知を基準とします

雨や雪で白線が認識できない、白線が薄くなっていて認識できないといったケースではLKASが正常に働かず、システムによるステアリングアシストが一時的に解除されます。

アシストされてると思って油断していると曲がらずに事故という可能性も。
車線幅の基準がばらばらな一般道よりは高速道向けの支援システムですね。

また車線内の位置取りについては100km毎に運転者の好みを学習して設定してくれるそうです。

ACCの事故を起こさない注意点

ACCは前方の車のみを検知するので、レーダーやカメラの範囲外からレーンに入ってくる車には反応が遅れます。

特に急な車線変更による割り込みや、何かの理由で前車を見失った後に再認識した場合、自動ブレーキの作動が著しく遅れます。

減速はすれど停止はせずに追突という事故も起こる可能性があります。

また、信号を認識しているわけではないので一般道で使っていると赤信号の交差点に減速せず突撃していきます。

ドライバーによるブレーキ操作準備は必須となります。

車種はフリード G ホンダセンシング搭載車

ホンダフリード

購入ではなくカーシェアリングでレンタルです。

カーシェアリングについてはカーシェアリングのメリットと車が無くてもドライブデートに行く方法。

カーシェアリングのメリットと車が無くてもドライブデートに行く方法

カーシェアリングはタイムズプラスと三井のカレコに登録していますが、僕の地域ではカレコの方が空いているので概ねカレコでのレンタルが多くなってます。

カレコについてはおすすめのカーシェアリング 初心者にカレコがおすすめな理由をお読み下さい。

カレコフリード【初心者 おすすめカーシェア】にカレコがおすすめな理由

タイプはフリードGホンダセンシング搭載車、ガソリンエンジンタイプになりました。

スポンサーリンク

FREEDの乗り心地

フリードホンダセンシング搭載車

一番感じたのは静かさです。

高速道路を走ってもロードノイズは殆どなく、アクセルを踏み込んだ時のエンジン音もびっくりするくらい車内には入ってきませんでした。

競合とされるTOYOTAシエンタにも試乗した事がありますが、比べてみると段違いに静かです。

ハンドリングについては相当軽めなので、好みの問題もありますがもう少し重ための手応えが欲しいところですね。

室内空間は出っ張りが少なく、快適です。
デザインコンセプトのマシンの空間は少なく、人の空間は多くをキレイに実現してくれていてストレス無くドライブを楽しむことが出来ます。

取り回しも普段軽自動車に乗っている僕でも楽に扱えるように設計されていますし、何よりも前方視界を広く取る事で視認性を向上させているので駐車場での周辺確認がしやすくなっていました。

ホンダセンシングは必要か?

安全運転でいこう

結論から書きます。
絶対に搭載して損はないという点で必要になります。

車に乗る目的は人それぞれです。
仕事で乗る、レジャーで乗る、その他諸々。

それでもセンシング或いは各メーカーの安全運転支援システムは搭載しておくべきでしょう。

高速道路に乗ることが無いと無用の長物にも思えますが、ACCとLKAS以外の機能もしっかりと運転支援をしてくれて事故を防ぐように設定されています。

センシングを搭載すると値段は上がりますが、約12万円で事故の確率が下がるなら安い買い物です。

センシングの支援を受けることで事故の確率が減るのであれば、上手に付き合っていく方が素晴らしいカーライフが送れる事でしょう。

今はまだ日常的に車が必要ではないですが、このままセンシングが進化を続けてくれれば、いつの日かセンシング搭載車を購入したいなと考えています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA