女子の為の冷え性講座 タイプ別に冷え性を改善する

「昔から冷え性に悩まされていて、冬は手足にひどいしもやけができてしまいます。

冷え性の改善の為にやっている事は

  • ニンニクサプリを飲む
  • 下着の重ね着
  • 腹巻き
  • 毛糸のパンツ
  • 五本指ソックス
  • しょうがをなるべく取る

など、だけど一向に良くならない。

冷え性からくるのでしょうが、代謝が悪く、便秘、ダイエットのリバウンド。
いいこと全然ない・・・。」

冷え症が原因のお悩みはめっちゃツラい

ツラい冷え性を改善する方法を東洋医学の視点から見ていきましょう。

冷え性のタイプを知る

 

 

冷え性には大きく分けて2つのタイプがあります。
冷え性のタイプについては【厚着をしても冷え性が取れない原因とは?を参照にして下さい。

厚着をしても冷え性が取れない原因とは?

温める作用が弱くなった冷えと、冷やす作用が強くなった冷えは、同じ冷えでも改善策が違ってきます。

温める作用が弱まる冷え性への対策

温める作用が弱まると

  1. 冷え・寒気
  2. 息切れ
  3. 倦怠感
  4. 食欲不振

等があわせて出てくる事が多くなります。
簡単に言うと疲れ切って冷えてくる人です。

温める作用が弱くなる原因と対策

 

温める作用が弱くなる原因は

  1. 睡眠不足
  2. 食事量が少ない
  3. 過労
  4. 出血が多い(月経時など)

などです。

ですから、食事量を増やしたり栄養バランスを整えたり、しっかり休息を取るという事が対策になってきます。

冷やす作用が強くなる冷え性への対策

冷える作用が強くなると

  1. 四肢の冷え
  2. 手足の痛み、しもやけ
  3. イライラしやすくなる
  4. 月経不順

等が起きてきます。

冷え症があっても意外と元気という人もいます。

 

冷やす作用が強くなる原因と対策

 

冷やす作用が強くなる原因は

  1. 暴飲暴食
  2. 情緒の乱れ
  3. 寒い場所に長時間いる
  4. 不規則な食事

になりますので、対策としては冷えを取るために、重ね着をしたり半身浴をする事が大切になります。

冷え性対策。どれくらい続ければ良い?

残念ながら冷え性の改善は、体質改善なので短時間で変わるというものではありません。

体質は生活習慣の積み重ねですから、例えば10年の生活習慣から生まれる冷えは、やはり5年6年と時間をかけなければ、改善させる事が難しいのが現実です。

なるべく早く冷え性を改善したいなら

とは言え、生活習慣であるとしても冷え症は早く改善したいもの。
あなたのツラい冷え症が改善するまでの時間を短くする方法をご紹介します。

鍼灸院・漢方処方薬局を頼る

 

元々東洋医学には冷え性という言葉が古典にはありませんでした。
足の冷えという病はあって、その原因を幾つか特定しています。

本来の鍼灸師・漢方医師は冷え性と一緒に出てくる、あなたのツラい事をしっかりと聞いて、しっかりと方針を立ててくれます。

鍼灸・漢方の両方を上手に使うことで、相当短い時間で冷え性とサヨナラ出来るでしょう

鍼灸での冷え性対策は足の冷え性に効くツボ3選|覚えれば冷え性とサヨナラ。プロの使うツボとコツに書いてみましたので、是非読んでくださいね。

足の冷え性に効くツボ3選|覚えれば冷え性とサヨナラ。プロの使うツボとコツ

筋肉量を増やす

筋力トレーニングで筋肉を増やしていくと、代謝が良くなり冷え対策になります。
しかも、太りにくく痩せやすい体も手に入りますし、何よりも生活習慣の改善に繋がってきます。

目に見えて変化が出るには時間がかかりますが、パーソナルトレーナーをつける事で、正しく健康に冷え症を改善する事ができます。

大好きな人とハグをする

 

可能性の一つですが、ハグをすることで気持ちも体も温まります。

冷え性が酷くてツラい時、もしかしたら最善の解決策はハグをすることかも知れません。

1日1ハグはオススメなのか?ホルモンだけじゃない。ハグする事の効果とは!?

1日1ハグの効果。幸せホルモンオキシトシンを増やすハグをたくさんしよう

最後に

冷え性は多くの女性が悩む問題です。
西洋医学では中々手が届かない問題なだけに、どのように解決するのが一番なのか、正解は無いかも知れません。

それでも、あなたが本記事を読んで冷え性の事を一つでも新しく学び、改善の一歩になって貰えれば、嬉しく思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA