1日1ハグの効果。幸せホルモンオキシトシンを増やすハグをたくさんしよう

いつもご来訪いただきありがとうございます。
運営者のみきさんです。

SNSで流れていた「看護の名言」のコンテンツに
【1日1ハグのすすめ!愛は風邪ウイルスさえもやっつける!幸せホルモン「オキシトシン」の分泌量と免疫力がアップ!1日1ハグで心も体も健康に!】
というがありました。

僕は自他共に認める彼女大好き人間です。

中々にツンデレさんな大好きな可愛い彼女と、ハグが健康面で効果があるとなれば、今までよりももっとたくさんハグできる。

と考えるのは至って普通の事ですね。

ツンデレな可愛い彼女のお話は【年下彼女との付き合い方】お誘いから告白まで【一回り下の彼女が好きすぎる】に色々書いてみたので、読んでみて下さいね。

【年下彼女との付き合い方】お誘いから告白まで【一回り下の彼女が好きすぎる】

どれくらいツンデレなのかは【年下彼女との付き合い方】現実はこんな感じ【一回り下の彼女が可愛い】をご覧下さい。

年下彼女【年下彼女と付き合う】現実はこんな感じ【一回り上の彼氏が見た彼女】

今回の記事ではハグとホルモンの関係、ハグの効果についてお伝えしていきます。

どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

ハグの効果は心を幸せに、体を健康に

ハグの効果

  1. 気持ちが安らぐ
  2. ストレスの緩和
  3. イライラ、怒りが静まる
  4. 幸せな気持ちで一杯になる
  5. 高血圧予防
  6. 風邪などの予防

があります。

まだまだたくさんの効果がありますが、一番の効果は気持ちが安らぐ事です。

気持ちが安らげばイライラが無くなり、思考に余裕が生まれます。

そうなると、当然ストレスは緩和されるし、相手の事を考える余裕も出来るので幸せな気持ちにもなれるというものです。

何だか気のせい?と思ってしまいがちですが、実は根拠があってアメリカの大学などでもその研究報告があがっています。

米カーネギーメロン大学心理学部のシェルドン・コーエン教授率いる研究チームの「ソーシャルサポートがストレスによる病気を防ぐ」という従来の仮説を実証するための実験【JCATニュースより引用

気のせいなんかじゃない!幸せもたらすオキシトシン効果

ハグをして幸せそうな人達

気持ちが安らいだり、ストレスが緩和したり、幸せな気持ちで一杯になったりするのはオキシトシンというホルモンの効果です。

ホルモンとは脳や腎臓、卵巣などで作られて血液の流れに乗って体をコントロールする物質の総称です。

ホルモンのもたらす作用については何故、稲村亜美さんに中学球児が殺到したのか?にも詳しく書いてみました

何故、稲村亜美さんに中学生の球児が殺到したのか?

オキシトシンが肉体にもたらす効果は

  • 出産を促す=陣痛を起こす
  • 母乳を出す=おっぱいを飲ませる

です。

出産や妊娠に関するオキシトシンですが、心にも良い作用を出す事が解っています。

  1. 幸せな気分になる
  2. ストレスが緩和する
  3. 不安や恐怖心が減少する
  4. 相手への信頼の気持ちが増す
  5. 人と関わりたいという好奇心が強まる
  6. 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  7. 学習意欲と記憶力向上
  8. 心臓の機能を上げる
  9. 感染症予防につながる

医学の臨床では分娩の誘発や微弱な陣痛の緩和、自閉症の治療などで使用されています。

トリビア

ちなみにオキシトシン、英語ではoxytocinになるのですが語源はokytoc=素早い出産ですので、出産に関わる作用が先に発見されていたのが解りますね。

ハグでオキシトシンが増える?

犬とハグをする子供

ステキな効果が一杯で「抱擁ホルモン」「愛情ホルモン」「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンを増やせるのがハグです。

何故、ハグでオキシトシンの量が増えるのかを図にしてみました。

ハグのフィードバック

この図だと永遠に幸せ感を得られそうですが、人間は何にでも慣れてしまうので1度のハグで得られる幸せ感には上限もあるし、時間も限られています。

1度で感じられる幸せに上限があるなら、回数を増やしてたくさん幸せ感を得れば良いわけです。

たくさんハグをしてハグ効果を高める

1度で感じられる幸せに上限があるなら、回数を増やしてたくさん幸せ感を得れば良いわけです。

大好きな可愛い彼女とたくさんハグをすれば、たくさん幸せになるし健康にもなれるなんて理屈をこね回したりもしますが。

単純に彼女が大好きだからハグしたいだけです。

身も蓋もない話ですが、実際そうなのだから仕方ない。
全部の理屈は後付けです。

幸せになれて、健康にもなれるって考えたら今までよりももっとハグする時間を大切にしたいなと思えるようにもなりました。

 

ハグ効果でストレスを減らして血圧を下げる

ハグをして女性ホルモンを増やす

ハグの気持ちを落ち着かせるリラックス効果と関係があります。

血圧や脈拍は体や心の緊張と密接な関係があって、ちょっとした事で変わります。

ハグによって心身共にリラックすると血圧が下がって心臓への負担が減ります。

血圧とストレスは密接な関係があるので、強いストレスを感じれば血圧は上がります。
逆に考えると血圧が下がればストレスは緩和されるので、ハグによって血圧が下がればストレスも緩和されるというわけです。

もう1点大事なことは。
ハグで気持ちが安らぐと心に余裕が生まれます。

ストレスの一番の原因は人間関係と言われていますよね?
心に余裕があれば、相手を思いやったり、感謝したり、逆に関わらないようにしたりと、ストレスが生まれる環境を減らす事も出来るでしょう。

ストレスできっついなーって時は、たくさんハグをすると良いかもしれませんね。

 

ハグで免疫力が上がる

血圧が下がると血液が体の隅々まで届いてくれます。
血液の流れに乗って移動する免疫細胞も同じように体の隅々まで届くようになります。

しかも、心臓が頑張って血液を無理やり送り出す必要が無いので血流も穏やか。
穏やかな血流に乗ると、免疫細胞は血流に押し流されること無く仕事をしてくれます。

結果、細菌やウィルスが悪さをする前にやっつけてくれるというわけです。

また、血流を良くする効果のあるハグは酷い冷え性を改善するシンプルなやり方2つという記事の、3つ目の方法になるかもしれません。

女子の為の冷え性講座 タイプ別に冷え性を改善する

1日1ハグのススメ

ハグをすると幸せ感が得られる

素敵な恋をするとハグチャンスが増えますが、ハグの相手は彼氏彼女だけではありません。

同性の友達や子供、犬や猫とも出来るんです。

ハグは恋人以外としても効果があります。

ハグの本質は、赤ちゃんがお母さんに抱かれて安心する感覚なので、大好きな相手なら必ずしも恋人じゃ無くてもOKだったりします。

僕の場合は、大好きで可愛い彼女なのでハグの相手が彼女になりますが、姪っ子とハグしても癒やされてます。

ハグはあなたが幸せになる為のツールなんです。

あなたが幸せになれば、あなたの周りの人も幸せになれる。
だから、1日1回大切な人を抱きしめて上げる時間を作れたら。

それはとても素敵な事だと思いませんか?

まとめ

大好きな可愛い彼女

ハグのまとめ

  1. ハグは幸せな気持ちになれる
  2. 幸せな気持ちになるとホルモンバランスが整う
  3. ホルモンバランスが整うことで健康な体になれる
  4. 1日1回と言わず、たくさんハグして幸せなろう

あなたが大好きな人や大切な人とたくさんたくさんハグをして、幸せな毎日を送れますように。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA