人生面白くて熱中出来るものを見つけたモンの勝ち

いきなりですが。
僕は高1の夏にいきなり不登校になりました。

虐められてた訳でもないし、勉強について行けなくなったわけでも、失恋したわけでもなく本当にいきなりです。

当時は
やっべー、皆が出来ることが出来ひんなんて洒落ならんやん。
とか思ってましたが、今はアホみたいに幸せを満喫しています。

キツいことも多々ありますが、幸せやなーと思えるのは面白くて熱中出来るものをたくさん持ってるからです。

経済的な問題や時間の問題で全部を一斉にするのは無理ですが、常に2〜3種類は並行してやれてるんですよね。

今回の記事は不登校だった僕の体験から面白くて熱中出来るものをたくさん見つけると人生面白くなっていくお話です。

別におめーのことなんか興味ねぇよって方はスルーしてくださいね。

スポンサーリンク

何となく学校が面白くないと感じた

僕が不登校になったのは高1の2学期でした。
学ぶという行為は大好きだったんですが、何となく学校が面白くなくて授業の時間を含めて学校にいることが苦痛になったんです。

そんな僕を見て親戚は
贅沢な悩みや
と説教。

教師も
高校にすらまともに通えなかったら大学とか仕事なんか無理やぞ
と説教。
全然仕事出来てますけどね、今。

周りの大人は多かれ少なかれこんな感じで頼ることが出来なかったので、学校に関わる全てが面白みを失っていきました。

部活の時だけは唯一面白かったんですが、授業も出ずに練習だけ行ってたので肩身が狭くなり段々と休むようになりました。
それでも付き合いは今も続いてるので、友達ってのはありがたいなーと思います。

学校が面白くないも立派な理由

親戚には贅沢やと言われましたが、面白くないから行けないって立派な理由です。
面白くない原因を解決せず心が壊れてようやく休むから、傷になってなかなか復帰出来ずに引きこもったりニートになったりするんです。

僕は面白くない原因がまったく解決しなかったので、学校行かずにバイト行ってそのまま就職して生活してました。
学校よりも仕事の方が面白かったんです。料理人でキツかったけど。

面白いけど熱中出来ないのはキツい

料理人って仕事は面白かったんですが、どーにも熱中は出来ませんでした

学校行かずに働くってなった時、コネで厨房の見習い以外に選択肢が無かったんですよ。
働いて給料が貰えるってことが面白かっただけで、料理人はその為の手段でした。

生きるためだけの仕事だったので当然熱中なんか出来るわけもなく、休日に腕を磨く為の時間を作ることもなく淡々と仕事だけしてました。

自由になる時間が少なかったので、趣味も無かったし、生活は出来るし面白いけど充実感はない時代でした。

面白いと熱中が組み合わさると最強

熱中出来ない仕事を10年も続けてると流石に飽きてきます。
この間彼女も無し。そりゃ趣味も時間も無ければ出会いも無い時代だったので。

仕事は面白いけど人生が面白くねぇと27の時に配送会社の営業に転職しました。

人生で初めて週休2日って生活になったので、とにかく興味の出たことを片っ端から始めたのがこの時期です。

ダンス教室に行ったり、釣りを始めてみたり、武術の道場に入門したり。
その中で面白いと熱中出来るが組み合わさったのが武術でした。

土日が休みだったので、それぞれ違う師匠のとこで稽古したり、小遣い貯めて本部に師匠と一緒に出稽古したりしてました。

平日仕事、休日道場って生活がめちゃめちゃ楽しくてのめり込んでいったんです。
まぁ、家での稽古あんましやってなかったので腕はグダグダでしたけど。

熱中出来る仕事を本気で考えた

趣味で熱中出来ることが見つかると、人生の充実度について考え出します。

どうせなら仕事も熱中出来るものをやりたいなーと思って、めちゃめちゃ時間かけて探したのが鍼灸師という職業。

武術で身につけた感覚も活かせるし、何より人助けできるって最高やんとなって営業5年目にして転職を決意。
鍼灸師は専門学校に行かなきゃならんのでデビューは36歳になったんです。

大器晩成と言えば聞こえは良いけど、周りの新卒に比べたら超遅めのスタート。
ぜってー若手には負けねぇと意地になって、月一回は休日に治療技術や顧客対応の研修に明け暮れるという生活に。

生まれて初めて仕事関係で自腹きって勉強ばっか出来る環境を手に入れたんです。
ぶっちゃけお金とか自由時間とか考えるとキツいんですが、面白くてしょうが無いです。

気がついたらめちゃめちゃ増えてた

鍼灸師になってからも武術の稽古には通ってました。

面倒な事も色々あったりしましたが、とにかく面白いし熱中出来たんですが。
途中で筋トレに目覚めてしまいます。
仕事終わってからジム行って、休みの日は勉強会か稽古に行く。
大好きな可愛い彼女とも出会って付き合えるようになったので、デートもしたい。
なんならブログまでやり出してしまいました。

全部面白いし熱中してやってますが。
とにかく時間が足りなくなってくるんです。

時間がまったく足らないので、今は武術の稽古はお休み中。
辞めたわけではなく、落ち着いたら再開して1から鍛え直したい思いは消えてないので師匠とのお付き合いは何だかんだで続いてます。

たくさん持ってると人生が楽しくなる

熱中出来ることをたくさん持っていると、絶対に時間が足らなくなります。
でも時間が足らないだけで、退屈したり飽きたりってことはなくなります。

何か一つ飽きても、空いた時間を他のことに使える。
だらだらする事もありますが、基本的に常に生産的な行動をしている状態になります。

不登校に悩む人たちへ

学校が面白くない、行きたくないならぶちゃけ行かなくて良いと思います。
学校行かないくらいで人生詰むわけじゃないですし、卒業資格とかは後からどうにでもなります。

ただ、何もせずにダラダラ毎日引きこもるのはオススメ出来ません。
ぶっちゃけそういう時間って楽なんですけど、不安が消える事も無いです。

バイトでも趣味でも何でも良いので兎に角何かを始めてみて、やりながら熱中出来るコトを探してみてください。

僕みたいな人間でも不登校から色々こじらせたけど、武術や治療のお仕事に出会って、大好きな可愛い彼女と付き合えるようになりました。

1つ見つける事が出来れば、後は楽勝。
熱中しながら他の何かを探して、生活に繋げていくことだって可能です。
動きまくっていれば人生必ず好転するように出来てます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA