【LOGICOOL Z313】低価格なのに高音質で感動した【PCスピーカー】

音楽とか映画ってスピーカーの音質一つで段違いに変わるって知ってました?
我が家は昭和中期に建築された木造家屋なので、映画館やコンサート会場並みの音なんて夢のまた夢だと思ってたんですが。

まさかのスピーカー導入で状況が一変しました。

今回の記事はLogicoolさんを僕が神と崇めかけてしまったLOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313についてレビューします。

今回もアマゾンで購入。

何かと便利なのでアマゾンでは色々買っちゃってます。
毎日のコーヒー代を節約するカルディオリジナル ドリップコーヒーフィルターが優れものなのでレビューする。

ライフノーブル方眼ルーズリーフが書きやすくてビビったのでレビューする

【カルディオリジナル ドリップコーヒーフィルター】毎日のコーヒー代を節約【一人暮らしの必需品】 【ライフノーブル】方眼ルーズリーフが書きやすくてビビったのでレビューする【メリットだらけ】

スポンサーリンク

PC内蔵スピーカーから外付けに変えたら神サウンドが流れ出した

 

音楽も映画もPCの内蔵スピーカーで充分だと思ってましたが、自宅兼仕事場の来客用にBGMを流そうと思ったのがきっかけで外部スピーカーが欲しくなりまして。

とは言え、学費という名の借金返済中の身ではBOSEなんてセレブな物を買う余裕なんざないわけです。

予算は出せてせいぜい5000円。
でも、そこそこ音質が良いスピーカーなんてワガママを叶えてくれるスピーカーを探して、ネットを徘徊していたら。

あったんですよ4528円で。
今更ながらインターネットって便利ですよねぇ。

しかもサブウーファー付き2.1chサラウンド。

サラウンドって?
サラウンドとは音源が3つ以上の音響システムの事です。
テレビやPCやスマホに内蔵されてるスピーカーはステレオといって音源は2つしかありません。

音に拘りたいホームシアター作る人達が導入するのが音源が3つ以上のサラウンドシステムみたいです。
ステレオに比べたら音源が多いので、臨場感や音質が段違いに良くなるってくらいの理解で良いと思います。
僕は音マニアじゃないので詳しい説明をしてくれてるサイトを載せておきますね。

超初心者のための「サラウンドって何?」

参考 超初心者のための「サラウンドって何?」DENON Official Blog

スピーカー1つで映画も音楽も次元が変わってしまった

スピーカー

早速購入して繋いでみると、音質が半端ない。

映画を見ても音楽を聴いても迫力や臨場感がマジに凄すぎて、もっと早く見つけときゃ良かったと心底思います。

もうマジでヤバくね?ってレベルです。

5000円の予算だったから、ぶっちゃけ期待はしてなかったんですが、良い意味で期待を裏切られてた感で一杯です。

スポンサーリンク

サブウーファーからの低音がヤバい

スピーカー3

僕が普段使ってるPCのスピーカーの数は2コ。

LOGICOOL  Z313もメインのスピーカーは2コですが、0.1で追加されてるサブウーファーがあるだけで、ここまで変わるかってくらいヤバいです。

サブウーファーは低音を鳴らすんですが、有る無しでここまで音の厚みが変わるとは正直思ってもなかったです。

Youtubeとかで動画を見ると音が小さ過ぎて何を喋ってるのか解らんという問題も、難なく解決します。
逆に音が大きくなり過ぎても手元のリモコンで調節できます。

動画データの音が小さいと内蔵スピーカーでは限界があるので、大きすぎる音を小さく出来るのもPCスピーカーのメリットかなと。

接続はコードを繋ぐだけ

スピーカーケーブル

イヤホンジャックにプラグを突っ込めばそれだけで接続完了というお手軽さ。
面倒な配線処理もいりません。

Bluetoothのように勝手に接続が切れることもないし、いちいちペアリングする必要も無いです。
有線でダイレクトに繋いでるから、音ズレも殆どないのがありがたい。

映画見ると、容量によっては音が遅れてイライラするというBluetooth接続のジレンマもありません。

リモコンも有線

賛否両論ですが、電池切れの心配の無いリモコンってめちゃめちゃ便利です。
特に音量調節がリモコンでしか出来ないスピーカーだと電池切れ起こしたら使えないし。

本体に音量調節機能がついている機種もあるけど、離れたところに設置すると面倒だし、リモコンと本体それぞれで音量チェックがいるしでかなり鬱陶しいです。

LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313ならリモコンだけで音量調節が出来るので、電池式リモコンや本体調節タイプのような悩みは皆無です。

リモコンが壊れたらアウトですが、リモコンが壊れる頃には本体も壊れてるでしょうから、これも特に問題無いですね。

コードが長いから配置も自在

オーディオ入力ケーブル、スピーカー同士を繋ぐケーブルの長さは180cm
数字だけ見ると短いかなーと思うけど、届いてみるとめちゃめちゃ長く感じます。

ケーブルが長いってことは、スピーカーとサブウーファーを離れておけるってことです。

それぞれの配置の自由度がかなり高いから、スピーカーをデスクにサブウーファーを離れた場所に置く事も出来ますね。

配置を考えればプチ映画館やプチライブハウスが自室に出来上がります。

部屋をプチシアタールーム化にかかった費用は5000円以下

アマゾン

LOGICOOL  Z313の代金のみ。

メーカー価格は5,122円ですがアマゾンで買うと4,528円になって少しお得です。
アマゾンプライム会員ならお急ぎ便も使えるので、明日から部屋の音響が一気に変わりますよ。

アマゾンプライムへの入会はアマゾンプライム入会サイトからどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA