ルマンドアイス食レポ|買うならセブンイレブンオリジナルパッケージがオススメ

またしても通勤途中で衝動買いをしてしまいました。
今回はなんと「ブルボン ルマンド」がアイスになった「ルマンドアイス」

ブルボンのルマンドと言えば、国民的なお菓子ですよね。
サクサクの食感は食べ出したら止まらない、発売から40年以上のベストセラー。

でも、あのルマンドの食感をアイスでどうやって表現してるのか?
めっちゃ気になりますよね。

食レポ第2弾はブルボン ルマンドアイスのレポートです。
販売店の情報も書いておきますね。

第1弾のオハヨーブリュレの食レポはパリパリ食感がオススメのアイス オハヨーブリュレになります。

[kanren id=”101″ target=”_blank”]

スポンサーリンク

パッケージからしてルマンド

ルマンドアイス

ルマンドイメージカラーを豊富に使用したデザイン。
なんだか、モナカっぽい感じです。
ブルボンさんの公式サイトを見ると、モナカアイスの中にルマンドを丸ごと入れたのだとか。

ちょっと期待感溢れてきますね。

 

ルマンド裏面

カロリーはアイスっぽく高めの336kcal。
ルマンドも一袋食べるとそこそこのカロリーなので、この辺りになるのかな?

ダイエット中の僕には中々厳しい数字ですが、ルマンドなのでOKとします。

ルマンドアイスの中身

 

ルマンドの中身

完全にモナカですね。

これだけ見せられると、ルマンドと言うよりビックリマンチョコの進化系って感じです。

ブルボンさんのロゴが入ってる辺り、中々仕事が細かくて、個人的には好印象でした。

ルマンド割ってみた

普通に割っても、どこら辺がルマンドなのかちょっと解りにくかったです。

バニラミルクのアイスにチョコっぽいのが入ってるというのが見えるくらいで、アイスチョコモナカかなと。

ちょっとこの辺りでテンションが落ちてしまいました。

ぶっちゃけ失敗したかな?
と。

ルマンドアイス中身

一つ取ってアップで撮影しても、やっぱりチョコモナカ・・・。
中の板チョコの色がルマンドっぽいといば、ぽいんですがね。

うーんって感じです。

スポンサーリンク

いざルマンドアイスを実食

ルマンドっぷりが凄い

食べる前は少し裏切られた感で一杯だったんですが。
一口食べると。

めっちゃルマンドでした。

味こそアイスが入ってくるので、完全にルマンドというわけには行かないんですが。

あのルマンドの独特のサクサクした食感が口いっぱいに広がります。

これこそルマンド。
これをルマンドと言わずして、
何をルマンドと言う?

くらいの勢いです。

流石販売歴40年のベストセラー商品だけあって、ブルボンさんには豊富なルマンドデータがあるのでしょう。
見事なまでに、アイスとルマンドが融合して新たなルマンドとして世に送り出されてきました。

正直、ルマンドよりアルファートの方が好みなんですが、これを食べるとルマンド派に移籍したくなる程。

ルマンドアイスの感想

正直、パッケージやアイスの外見と食べた時のギャップの大きさが凄かったです。

期待値を落とさせておいて、後からがっつり上げてくるというのを、計算の上でやっているのでしょうけど、凄く完成度の高いアイスだと思います。

ベストセラーのルマンドのネームバリューにあぐらをかかずに、しっかりと新しいテイストを組み込んでくるというのは、流石ブルボンさん。

こういうのは、ちょっと心憎い一仕事が出来るメーカーさんって本当に貴重だと思います。

販売店と値段

今回のルマンドアイスはセブンイレブンさんで購入しました。

ネットで調べるとコンビニ限定というわけではなさそうですが、セブンイレブンさんは2万店出店記念でパッケージも変えてきているので、置いている確率は高いと思います。

アマゾンだとちょっとお得なのかな?

値段は225円が実売価格っぽいので、ディスカウントストアなどで探すともう少し安くで手に入るかも知れないですが、ぶっちゃけ定価でも全然高い値段設定とは思えない秀逸なアイスなので、見かけたら即買いがオススメです。

まとめ

今回のアイスレポは如何でしたか?

ルマンドは発売されてから40年以上のベストセラー商品なだけに、美味しい食べ方も研究され尽くしてきた感がありますよね。

ですので、特に変わった食べ方は試すこと無く、そのまま美味しく頂くことにしました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA