【災害発生時のSNS】混乱を招かない為に知っておいて欲しいこと【Twitter・Facebookの使い方】

半端な情報はいらん

2018年6月18日、大阪で震度6の地震が発生しました。

発生直後から、SNSで安否を気遣う投稿や様々な注意喚起の投稿があり、インターネットってのが20年前にあれば、阪神淡路大震災の時も勇気づけて貰えたのにと思った次第です。

ネットユーザーの皆さんの情報発信と心遣いには本当に頭が下がりますし、感謝しています。

インターネットが普及して、情報伝達の速度は僕が阪神淡路大震災で被災した頃からすれば比較できないくらい速くなってます。

便利な反面、悪意に満ちた情報も多く発信されました。

それらについては、大手のブログさんやTVなどのメディアで取り上げられているので、今更どうこう書きゃしません。

僕がめっちゃ気になったのは、悪意の無い情報発信。
言い換えれば善意がベースのSNSへの投稿です。

スポンサーリンク

中途半端な投稿は不安を煽るだけ

半端な情報はいらん

東日本大震災
3/9 11:45 震度5弱
3/10 6:23 震度4
3/11 14:46 震度7 (本震)

熊本地震
4/14 21:26 震度7
4/14 22:07 震度6弱
4/15 0:03 震度6強
4/16 1:25 震度7 (本震)

大阪北部地震
6/18 7:58 震度6弱
6/19 0:31 震度4

気を抜いてはいけません。

東日本大震災や熊本地震を例に出して注意喚起を呼びかけるツイート。
Facebookでも拡散されてました。

宮城県の人がツイートしてたけど

宮城県民やけどな、こう震度5強とか6弱の地震が起きた次の日だか2日後だかに、クッソアホみたいな巨大地震+津波で家なき子になったからな、今から防災非難用品用意しても遅くないんやで。
これが本震じゃない可能性も念頭に入れておくんやで
やて

こちらもTwitterやFacebookで拡散されておりました。

警戒を呼びかける行為は本当にありがたいです。

が。

呼びかけるだけで終わるってどうなんでしょう?
何を用意すれば良いの?
どう行動すれば良いの?
肝心なことが抜け落ちてませんか?

そんな半端な情報流されても、現地は不安を煽られるだけじゃないですか?
ただでさえ不安で一杯な現地の人達に、更に追い打ちかけることになってませんか?

善意からの行動ってぶっちゃけめっちゃ考えてやらないと、マジでタチがわるくなります。

僕らが欲しいのは、不安を煽られて眠れない夜じゃない。

何を用意して、どう行動すれば良いのか。
どんな心構えで夜を迎えれば良いのか。
そういう情報です。

投稿に付け加えると。

女性なら生理用品もリュックに入れておきましょう。
阪神淡路大震災の際、支援物資のナプキンを不要品と判断したアホがいました。
流石に今はないと信じたいですが、アホは何処にでも沸いてきますから防災グッズの一つとして用意しておいてください。

月経時に生理用品が無いと感染症の原因にもなります。
せっかく避難できても感染症が原因で体を壊したり、生死に関わる病気になる可能性があります。
必ず用意しておいてくださいね。

災害時に何かを発信するなら、これくらいのレベルの情報であって欲しいです。

デマは論外ですが、万が一の時に助かる確率を上げられる方法を書いていただけると、マジで助かりますしちょっぴり安心します。

スポンサーリンク

現地は大丈夫ですか?って誰に向けて言ってるんだろう?

投稿は誰に向けて?

地震発生の一報の後、Facebookに溢れかえった投稿が

「関西の方、大丈夫ですか?」

という内容。

身内や友達が現地にいらっしゃれば、心配もされると思います。
お気持ちも解ります。

でも、ちょっと考えて下さい。

本当にその投稿って現地に向かってますか?
震災があったってニュースを見て反射的に投稿してませんか?

どこで災害があったも流れてくるその投稿、ぶっちゃけ違和感がめちゃめちゃあります。

だって、その投稿見れるんなら無事に決まってるじゃないですか。
LINEやメールで安否確認した方が良いんじゃないですか?

それとも企業がリリースする
「この度の震災で被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます」的なやつなんでしょうか?
それなら、発生直後に投稿する意味は何ですか?

震災発生直後の
「大丈夫ですか?」
だけの投稿よりも。

しばらく経ってからの
「可能な限り支援します。困ってることがあれば教えて下さい」
の方が、僕には響くし信頼できます。

大丈夫ですか?なだけの投稿って、安全な場所から高みの見物決め込みながら言われてるみたいで、正直気持ち悪かったです。

それでも心遣いは嬉しい

支援に感謝

色々書きましたが、お気遣いいただく投稿をみるとやっぱり嬉しいです。
嬉しいからこそ、余計な混乱を招くような悲しいことにはなって欲しくないです。

こういう投稿は本当にありがたいんです。
めっちゃ大事なんで、もう一度書きますね。
女性なら生理用品は防災グッズとして必須です。

水や食料は後からどうにでもなる。
これは誇張では無いです。

阪神淡路大震災の時、どこよりも速く災害派遣の準備を整えたのは被災地の兵庫県伊丹市にある陸上自衛隊伊丹駐屯地の第36普通科連隊でした。

  • 午前5:45 震災発生。
  • 午前5:50 八尾の陸自中部方面航空隊が偵察ヘリを準備。
  • 午前5:50 第36普通科連隊が営舎内の隊員で救援部隊を編成。
  • 午前6:35 第36普通科連隊が伊丹署の要請で先遣隊出動

経験したことのない災害、対策が出来ていない災害に対してこれだけ迅速に動けるのが自衛隊です。

行政の体制が整っていなかった為、やたら批判されますが、誰もが動けない状況で救援活動を行ってたんです。

このポテンシャルは阪神淡路大震災の後、システムが整理されより迅速に派遣できる体制が整えられる事で当時を遥かに上回りました。

身の安全を確保して、避難さえ出来れば、3日以内に救援にきてくれる。
そんな部隊が日本にはあるんです。

水や食料を買い込むよりも、倒壊した家屋から速やかに脱出して安全を確保出来る準備をしておくほうが大切だと思います。

メディアでは一緒くたにされていますが神戸に住み、西宮で勤務している僕は厳密には被災者ではないかもしれません。

ですが、関西に住む一人として、全国の皆様から暖かいお言葉と支援を頂いた事に心から感謝いたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA