腰痛を解消するシンプルなたった一つの方法

3年以上整骨院に通っても、腰痛が改善しない。
30代のバリバリ働く男性に多い悩みだと思います。

今回の記事では腰痛を自分で治すシンプルな方法が分かります。

腰痛の際に最優先で行う事

腰痛と簡単に言っても、原因は様々です。

転移癌による腰痛のあれば、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症での腰痛もあります。

緊急性の高いケースでは腎臓破裂でも激しい腰痛が出てきます。

ですから、何より最優先なのは専門医の診察を受けて、命の危険が無い腰痛であったり、重篤な病気が隠れていないかどうかを知っておく事になります。

関連記事

【重要】腰痛の原因を知らなければならない本当の意味。死にたくなれば治療院探しは後に回せ!

腰痛の原因を捉える

普段の姿勢が悪いとか、運動不足や身体が重いから、なんて言われても中々どうすれば良いのか解らないですよね。

運動不足だから運動を意識するとか、姿勢を正しくすることを意識すると決めても、多分長く続かないと思います。

まだ歩けないほどではないけど、今後を考えると早めに治していきたいと考えるでしょう。

けれども。

1年以上治療院に通って治らない腰痛、病院で異常なしと言われる腰痛は、腰痛が出るまでの長年の積み重ねです。

生活習慣と言っても良いかも知れません。

生活習慣を改善する時に大切な事

何年も繰り返してきた習慣を、いきなり変えようとトライしても、正しい変え方を知らないと三日坊主で終わるのが関の山です。

運動する、姿勢を正す、食事制限をして減量する、ストレッチをする。
これ、一日二日続けても腰痛を悪化させるだけです。

例えば。
姿勢を正す。

一日24時間、起きて活動しているのが18時間として。

18時間ずーーーっと正しい姿勢を維持できます?
これまでずーーーっと何年も悪い姿勢だったのに。
無理ですよね。

だから。
姿勢を正すなら、先ずはやって欲しいこと。

あ、今めっちゃ姿勢悪いな】って感じたら。
姿勢を正しくするエクササイズをやって下さい。

姿勢を正しくするエクササイズとは

方法は簡単。

  1. 両手を前からバンザイして挙げます
  2. てのひらを前に向けて、親指が耳の後ろを通すように降ろします

それだけです。

立っていても座っていてもOKです。

ポイントは力一杯やらずに、バンザイする手に引っ張られて身体が伸びるようにする事。

それだけ。
たったそれだけって思いました?

ネットや本で調べると、もっと複雑な動きを要求されたりしますよね。
太もものストレッチとか。
間違いじゃないですけど、纏まった時間も必要だし、手順も複雑。

今日からやり始めるなら、出来るだけシンプルなのが続きそうじゃ無いですか?

試しにやって貰うと、背中や肩の筋肉が突っ張らないのが解ると思います。

本来の正しい姿勢とは?

実は、姿勢改善に大切なのは筋肉を使わない事です。極力ね。
動かせる筋肉に頼ると、直ぐに疲れます。
疲れると姿勢はより崩れるという悪循環に突入します。

と、言うか。
何故姿勢を正しくと意識すると胸を張り出すのか正直理解に苦しみます
オードリーの春日さんじゃあるまいし。

ぐっと胸を張り出すのは骨盤が前傾した時にバランスを取るためなので、胸を張り出すのを意識した姿勢を作ると反り腰になります。

強い反り腰は腰の筋肉を緊張させる事で作ります。

筋肉は緊張すると硬くなるという性質があります。
硬くなると血管や神経を締め付けるので痛みを生み出します。
空気椅子を長時間やっているのをイメージして貰うと解りやすいでしょう。

胸を張り出し反り腰を日常的に行うと、直ぐに痛みは出てきません。
しかし、緊張による疲労は蓄積されていくので、限界を超えると腰痛というサインが生まれます。

サインの強さによって慢性腰痛となるかぎっくり腰になるかが分かれるわけです。

骨盤を前傾させる事と胸を張り出す事はイコールでは無いです。
そもそも正しい姿勢って個人個人で違うので、一概にこう!とは言えません。

確実に言えることは、骨盤が前傾していても後傾していても、背骨はゆるやかなS字カーブを描いているのが理想的なんです。

当然、骨盤の傾きによってカーブの角度は変わりますが、S字という部分は変わりません。

上の図でイメージすると、骨盤の向きがどうであれ正常なカーブを描いているという事です。

つまり、正しい姿勢とは筋肉では無く骨の構造によって出来上がるわけです。

このエクササイズは実際に僕が治療の現場で指導しますが、前提の
【姿勢が悪いな!と意識した時にやる】さえ守って貰えれば、猫背や腰痛の改善に高い効果を発揮しています。

回数の制限もないし、決められた時間も無い。
動きもシンプルだから、長く続けられる。

長く続くって事は?

生活習慣が一つ改善するって事ですよね。

一つ改善すると、次も次もとなってきます。

そこで始めて時間やスキルが必要な事を学んで、腰痛の無い人生に足を踏み入れて欲しいなーと思います。

まとめ

腰痛の原因を探るという準備が必要。

いきなり腰痛の原因を決めつけるのでは無く、病院で診て貰って【命に別状が無いタイプの腰痛】という事を探っておきます。
じゃないと、死にますよ?

病院で異常なしと言われる腰痛の原因は、ほぼ生活習慣。

姿勢不良や睡眠不足、運動不足などが原因となるので生活習慣の改善を考える。

極力シンプルな方法から始めて長く継続する

継続は力なりです。生活習慣の改善は3ヶ月続けてようやく少し効果があるかな?という程度ですが、変わりだしたら一気に変わります。
なので、継続する中身はシンプルなのが良いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA